老健施設の薬剤師の求人のチェックポイント

老健施設に勤める薬剤師は、業務を円滑に進めるうえで、数々の医薬品に関する専門知識や服薬管理などの実務経験の他、高齢者とのコミュニケーション能力が必要とされます。また、医療現場だけでなく、老人ホームや在宅介護など福祉現場での経験が豊富な薬剤師については、好条件の老健の求人に応募しやすい状況となっています。

薬剤師の求人が大分市で増加中

薬剤師が不足している施設は実務経験が少ない人も採用されやすい

老健施設の薬剤師の求人数は、高齢化や人材不足などの影響を受け年々増加傾向にあり、特にベテランが少ない職場においては、実務経験が少ない人も採用されやすい状況となっています。特に、都市部の老健施設をはじめとした高齢者向けの施設の数が多いエリアでは、将来のある若手の薬剤師の採用活動が活発に行われることもあり、給料や業務内容などの条件にこだわって職場選びをすることもできます。

老健施設の薬剤師の給料は、病院や診療所などの医療機関と比べて大差はないものの、勤務先の人員配置や担当の利用者の人数によっては夜間の勤務や残業を任されることもあります。そのため、なるべく生活のリズムを乱さずに働きたい人は、求人探しの際に各地の老健施設の中でも、定期的に休日を取得できるところや、業務内容がそれほどハードでないところを就職先に選ぶのがおすすめです。

また、慢性的に薬剤師が不足している老健施設においては、一年を通じて業務量が多くなったり、責任が重い仕事を任される機会が増えたりすることもあります。そこで、一つの老健施設で長く経験を積みたい人は、待遇を重視してすぐに職場を決めるのではなく、面接の際にきちんと担当者と勤務開始後にトラブルが起こらないように話し合っておくことが大切です。

全ての薬剤師を対象とした研修制度がある老健施設がおすすめ

薬剤師が老健施設で順調にキャリアアップを果たすには、医師や看護師だけでなく、全ての薬剤師に対して充実した研修が行われている施設で働くことがとても大切です。最近では、採用後の具体的な研修の実施計画について求人票に記載している老健施設の数も増えているため、余裕を持って身近な地域にある施設の求人をチェックしましょう。

老健施設においては、医薬品に関する専門知識や服薬管理、指導などの実務経験だけではなく、高齢の利用者とうまく接するためにコミュニケーション能力が重視される傾向が見られます。そのため、働きながら様々なスキルを磨きたいという人は、求人に応募をする前に、興味がある施設の薬剤師を対象とした主な教育のカリキュラムや研修期間、研修後のフォローアップなど様々な点を確認することが大事です。

一般的に、研修制度がきちんと整っている老健施設は、年齢や性別、キャリアなどにかかわらず人気が出やすいため、早期に採用試験に向けて準備を開始すると良いでしょう。なお、集合研修だけでなく、職場内でも満足のいく研修を受けたいという人は、各地の老健施設のホームページや求職者用の資料などをもとに、人員配置が適切な職場を見つけることがポイントです。

常勤職員以外は労働時間や出勤日を自由に選べる施設も多い

老健施設で働く際に、夜間や土日祝日の勤務をなるべく避けたいという人は、常勤職員を除き、労働時間や出勤日を自由に選べるシステムを採用している施設を探してみましょう。たとえば、働き方改革に力を入れている老健施設では、非常勤やパートの薬剤師の継続雇用を図るために、一日あたりの労働時間を短くしたり、一か月の休日の日数を増やしたりしているところもあります。

そのため、24時間体制の老健施設で無理なく働くうえで、常勤職員以外の働き方についても検討してみると良いでしょう。また、女性の薬剤師の割合が大きい老健施設の中には、出産や育児を経てキャリア形成ができるように、一時的な時短勤務を認めたり、希望に合わせて配置転換を行ったりしているところも少なくありません。

そこで、働きやすさにこだわって老健施設の薬剤師の求人を選ぶうえで、スタッフの平均勤続年数が長いところや、キャリアアップのサポートがしっかりとしているところを見極めることがポイントです。その他、勤務時間中に薬剤師として専門性の高い業務に取り組みたい人は、職種ごとの役割分担が明確に決まっている老健施設を探すことが大切です。

介護現場での勤務経験が豊富な薬剤師は高待遇で働きやすい

老人ホームや訪問介護などの現場での経験が豊富な薬剤師は、認知症や身体障害など様々な問題を抱える利用者数が多い老健施設において高待遇で働くことが可能です。特に、介護現場の薬剤師の中でリーダーを務めたことがある人や、ケアマネジャーなどの業務に関連する資格を保有する人は、老健施設で特別な手当の支給を受けられるケースもあります。

そうした中、過去の自分の成果やキャリアをしっかりと評価してもらいたい人は、医療や介護の分野の薬剤師求人が扱われているサイトを使って、希望条件に合う職場を選ぶことがおすすめです。また、同じような仕事内容であっても、各地の老健施設の運営者によって、薬剤師の待遇にバラつきがあるため、妥協をせずに求人の条件を比較することが重要です。

時間があれば求人に応募をする前に施設見学をしよう

老健施設で薬剤師が長く働き続けるには、安定収入を得られるだけでなく、職場環境の良し悪しも大事なポイントとなります。特に、症状が重い利用者の割合が大きい老健施設では、薬剤師の体力や精神面での負担が大きくなる傾向があります。

そこで、求職中に時間に余裕がある場合には、無理なく働ける職場かどうか判断するため、求職者の間で評判が良い老健施設の見学をすることがおすすめです。また、看護師や介護士が不足しがちな老健施設においては、薬剤師も直接利用者の生活上のサポートを任されることがあるため、就職後の詳しい業務内容についてしっかりと理解することが大切です。

薬剤師をはじめとした医療系の専門職の受け入れが活発な老健施設の中には、施設見学を通じて仕事の大変さややりがいについて把握できるように様々な取り組みを行っているところも多くあります。

長く働ける老健施設の求人に応募をする前にやっておきたいこと

老健施設では、医療や介護など様々な現場で経験を持つ人や、服薬管理や指導などのスキルが長けた人が好まれる傾向があります。施設によっては、若手の薬剤師の受け入れを強化したり、ベテランの薬剤師の処遇を改善したりしているところもあります。

そのため、気になる老健施設の求人に目を通すだけでなく、職場見学などの機会を利用して施設ごとの特徴をよく理解して、働きがいのある職場を見つけることが大事です。